カビが抜け毛の原因ということもあります

カビが抜け毛の原因になっているということは、あまり知られていません。
2種類のカビによって抜け毛が進行している場合もあるので、日頃の生活の中で注意しましょう。

まず1つ目は、マラセチアというカビによる脂漏性皮膚炎です。
マラセチアは人間の皮膚に存在する常在菌で、存在するだけでは悪い働きはしません。
けれども、皮脂を好むと言う性質があり、脂っこい食事を多くとる人や、ストレスや睡眠不足によって頭皮の皮脂分泌が過剰になるとマラセチアの繁殖につながります。
頭皮がべたつくなど、不衛生な頭皮環境の人はその可能性が高いです。

具体的には、頭皮のかゆみや炎症、脂っぽい大きなふけが出るのが特徴です。
頭皮環境が悪化することで、脱毛の原因になってしまいます。

もう1つは、白癬菌というカビによる頭部白癬です。
白癬菌は水虫の原因にもなり、家族などで水虫を持つ人とバスタオルなどを共有することで、うつります。
白癬菌に感染しているペットからうつることもあります。白癬菌が頭皮に感染したものを、頭部白癬と呼び、白くて乾燥したふけが出るのが特徴です。
頭皮環境を悪化させてしまうので、脱毛の原因になります。

どちらの場合でも、カビによる脱毛は自然治癒することはありません。
蒸れなどで悪化してしまうことも多いので、きちんとした治療が必要です。
カビに対抗するための成分が配合されたシャンプーを使うことで、比較的簡単に治すことができます。
ケトコナゾールは代表的なカビに効く成分ですので、そのケトコナゾールが配合されたシャンプーを使用するとよいでしょう。

このシャンプーを使うことで、抜け毛の原因となるカビをなくして、健康な頭皮にしていきます。
シャンプーを1度使ったらすぐに治るというものではないので、カビがなくなるまで継続的に使用するようにしましょう。
ふけやかゆみといった不快な自覚症状がなくなっても、頭皮にカビが残っていることもあります。
しばらく続けて使い、健康な状態を維持することで再発を防ぐことができます。

ケトコナゾールシャンプーがおすすめ

ケトコナゾールは白癬やカンジダ症などカビによる感染症の治療に処方される外用剤の一つです。
ケトコナゾールにはカビの細胞膜に必要なエルゴステロールという物質の合成を阻害する作用があるため、カビが細胞膜を維持することが困難になり菌の増殖を抑制する効果があります。
そのため、ケトコナゾール配合のシャンプーはカビの増殖が原因の脂漏性皮膚炎による頭皮のかゆみや炎症、脂性のふけや頭皮環境悪化による脱毛などの症状を改善するのに効果的でありおすすめというわけです。

頭皮は外気に触れる部位であるため、頭皮を保護する目的で皮脂分泌量が多くなる部位ですし、髪の毛に覆われていて蒸れやすい部位でもあります。
よって皮脂や汗を好むカビが繁殖しやすい条件が揃っている部位とも言えるわけです。
カビの静菌作用があるケトコナゾールシャンプーは根本的な原因にアプローチできるので、洗髪時に使用することで通常のふけ用シャンプーよりも頭皮全体のカビに対して効果を発揮し脂漏性皮膚炎の改善を助けます。

ただ、ケトコナゾールシャンプーは国内で製造・販売が認可された医薬品ではなく市販されていないので、海外で製造・販売されているものを個人輸入代行サイトを介して購入するしか入手方法がありません。
カビに対抗するための成分にはケトコナゾールと異なる構造式を持つ成分もあり、こちらの成分が配合されたシャンプーは市販されています。
濃度が低いためケトコナゾール2%配合の海外製品のシャンプーほどの効果は期待できません。

また、ケトコナゾールシャンプーは脂漏性皮膚炎による頭皮環境の悪化で起こる脱毛だけではなく、AGA(男性型脱毛症)の原因であるDHTの生成量を抑制する働きがあります。
市販のシャンプーとの比較試験ではAGA患者の薄毛が改善された事例も報告されていますから、AGA治療薬と併用することでAGA治療にも有効だと考えられています。