カビに効くイトラコナゾールとミコナゾール

カビの仲間を総称して真菌といい、人などの細胞で菌糸を枝分かれさせながら成長します。
水虫やたむしも白癬菌と呼ばれるカビの一種が原因で起こります。
皮膚以外にも免疫力が弱っている場合には異なるカビが消化器や肺などの内臓で増えることがあります。
こうした真菌症に効果があるのが抗真菌薬で、イミダゾール系やトリアゾール系などいくつかの種類に分類できます。

イトラコナゾールはトリアゾール系の抗真菌薬で、カビの細胞膜を構成するエルゴステロールの合成を阻害します。
強い抗菌性が期待でき、白癬菌やカンジダのみならず呼吸器真菌症や呼吸器真菌症といった症状にも適用できます。
たとえば頭部白癬など皮膚の治療にも使用されます。
イトラコナゾールは内服真菌薬で錠剤やカプセル、内服液があり用法によって効果に若干違いが生じる点に注意すると共に、副作用としてまれに肝臓障害のおそれがあるため、肝機能検査も同時に受けるよう心掛けましょう。
飲み合わせが良くない降圧薬や睡眠薬、不整脈の治療薬など多くあり、他の病気で薬を服用している場合は事前確認を怠ってはいけません。

一方イミダゾール系の抗真菌薬としてミコナゾールがあります。
イミダゾール系の薬は水に溶けにくい性質があるため内服薬が少なく外用薬として用います。
その中にあってミコナゾールは内服および外用いずれも可能ですが、内臓での真菌治療薬よりも白癬菌やカンジダ症など皮膚への外用薬として主に処方されます。
塗り薬により皮膚への刺激や発疹、かゆみが出ることがありますが、副作用は少ないです。

加えてイミダゾール系の抗真菌薬は効き目が良いので広く使われます。
同じ抗真菌薬でも有効成分によって用法や効果が異なるので、皮膚のかゆみ、めまいなどの異常を感じたら一旦使用を中止して医師に相談しましょう。
適切な薬と診察が真菌症を治療する近道です。
特に他の病気で薬を服用中の場合は、飲み合わせで体調不良が生じないよう気を付けましょう。

カビが原因の病気について

抗真菌薬に含まれるイトラコナゾールやミコナゾールは、カビの仲間の真菌が引き起こす真菌症に効き目のある有効成分です。
イトラコナゾールは特に強い抗真菌活性を持っており、効果を及ぼす菌種の幅も広くさまざまな真菌症に効き目をもたらします。
カビ(真菌)が原因で起きる病気は、私たちの身近なもので言えば水虫が挙げられるでしょう。
皮膚糸状球菌の一種とされる白癬菌は、頭部ならしらくも、足の爪であれば爪白癬など、感染した場所によって症状名を変えます。
身体のいたるところに感染する体部白癬(ぜにたむし)や、下半身などを中心に感染する股部白癬(いんきんたむし)も同種です。

この他、カンジダ属の真菌によって起きる性器まわりの皮膚症状も有名です。
アスペルギルズ属の真菌が肺などに侵入して引き起こされるアレルギー性気管支肺アスペルギルス症や、クリプトコックス属の真菌による肺クリプトコックス症や中枢神経系統の病気も広く知られています。
カビによって引き起こされる病気は、水虫などの表在性皮膚真菌症をはじめとして、呼吸器真菌症や消化器真菌症、尿路真菌症・内臓真菌症など非常に多種多様です。
トリアゾール系の抗真菌薬であるイトラコナゾールは、上記で述べた症状の原因である真菌に対して強い効き目を持っています。

水虫をはじめとして、カンジダなど多くの真菌症の治療に用いられる抗真菌薬です。
服用する際には、吐き気・嘔吐や下痢・軟便などの副作用に注意するようにしましょう。

また、ごく稀に肝臓に影響が出る場合があります。
重症化することは滅多にないものの長期服用時には定期的に肝機能検査を受ける必要があります。
その他に、心臓や腎臓が弱い方に関してはうっ血性心不全も要注意です。
手足のむくみや急激な体重増加、息苦しさなどの症状が見られたらすぐに医師の診察を受けてください。