プロペシアにはジェネリック医薬品があります

髪に関して心配する男性

プロペシアはフィナステリドを有効成分としている医薬品で、フィナステリドには5α-還元酵素を阻害する作用を持つなどの特徴があります。
5α-還元酵素を阻害する事で脱毛を抑制出来るなどからもプロペシアはAGAの特効薬として有名な医薬品になっています。
最近は、プロペシアのジェネリック医薬品が登場していますが、ジェネリック医薬品は同等の効果を持つ事や価格が先発医薬品よりも安いなどからも注目を集めています。

効果が同じであれば安い医薬品を利用した方が経済的負担を減らせますし、AGA治療では長く服用する事になるため、安い方が良いわけです。
プロペシアに含まれるフィナステリドのジェネリック医薬品にはフィンペシアやエフペシアなどがあります。
プロペシアと同じフィナステリドを有効成分としているので、プロペシアと同じ効果を期待出来るわけです。
しかも価格が安く、薄毛治療にお金をあまりかける事が出来ない人にとっても魅力的と言えましょう。

ジェネリック医薬品は安いだけではなく、先発医薬品の弱点を改良してあるなどの特徴を持っているため、効果をより期待できる点や服用のしやすさなどの利点を持っています。
ただし、副作用については同一成分を利用しているので、主な副作用はそのまま継承されるなどの特徴もあります。
フィナステリドの副作用の中には男性機能を低下させるなどがあります。
女性がフィナステリドに触れた場合、女性が妊娠している、もしくは妊娠の可能性が有る場合、奇形児が生まれる可能性が有るなどの恐ろしい副作用が起きるケースがあると言われているため注意をしなければなりません。

なお、フィンペシアやエフペシアは日本では処方薬として利用する事が出来ないプロペシアとの違いがあります。
これらの医薬品を入手するためには個人輸入代行を行っている通販薬局を使う必要があります。
通販薬局の中には偽物を販売する悪徳な業者もあるので信頼出来る通販店を利用するのがお勧めです。

プロペシアとジェネリックの価格差はどれくらい?

プロペシアは米国の大手製薬メーカーが1997年に開発・特許取得したAGA治療薬です。
それから10年後に日本の医薬品メーカーが製造販売のライセンスを取得して、国内でもプロペシアが処方薬として流通するようになりました。
しかし、日本国内では通常は医師の診断がなければ購入できず、診察料などの費用もかかります。
こういう理由から、現在は診察を受けずに個人輸入ができるプロペシアの海外ジェネリック医薬品に人気が集まっています。

プロペシアの海外ジェネリック薬の中で有名なものは、フィンペシアとエフペシアです。
これらはインドの同じ製薬会社が製造販売しています。
先に発売されたのはフィンペシアで、フィナステリド等の成分・AGAに対する効果・副作用のリスクのいずれもプロペシアとほぼ変わりません。
この薬は正確にはジェネリック薬ではなくインドの特異な特許制度の下で独自開発された薬で、価格がプロペシアの8分の1~10分の1と安価なことから一般にジェネリック薬として認識されています。

フィンペシアは以前、日本で安全性が証明されていないキノリンイエローという成分が着色料として使用されていて、2011年にメーカーは日本向けにキノリンイエロー不使用の薬としてエフペシアを開発しました。
2014年にはフィンペシアも改良されてキノリンイエローが含まれていない仕様となり、製造プロセスの合理化のためにエフペシアの製造は中止され今後はフィンペシアのみとなります。
現在購入できるエフペシアは流通在庫のみで、価格はフィンペシアと同程度か若干安いです。
キノリンイエローの問題が解決されて以降、プロペシアとこれら2つのジェネリック薬の違いは価格のみです。

一般的にジェネリック薬には莫大な開発費が乗らないため安く買うことができます。
さらに海外ジェネリック薬は医師の診断は不要で、個人輸入代行サービスで入手することが可能です。
一方、同じプロペシアのジェネリックでも国内医薬品メーカー製のものは医師の処方なしでは購入できず、診察料なども必要になるため、総合的に考えて海外製のものよりも割高になります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ