女性がプロペシアに触れたり服用が厳禁な理由

髪に関して心配する男性

プロペシアは男性用の薄毛治療を行うためのAGA治療薬として有名で、AGA治療ではまず試される薬ですが、女性はプロペシアを服用することだけではなく、触れることも禁止されている薬です。
禁止されている理由としては、その作用の仕組みが大きく影響しています。

プロペシアを服用すると体内にある5α-還元酵素を阻害し、これによって男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成量を減らします。
このDHTは男性型脱毛症(AGA)の原因とされDHTが増えると毛のサイクルが乱され髪質が低下し、やがて薄毛や脱毛症に発展します。
このためDHTの生成量を減らすことによって抜け毛の原因を取り除くのがプロペシアの働きです。
このようにプロペシアは男性ホルモンに対して作用するため、女性の服用が禁止されています。

また肌に触れるだけでも、成分が取り込まれるため女性が触れることも禁止されています。
特に発育途中の胎児への影響が懸念されるため、妊婦に対しては厚生労働省が「プロペシアと妊婦に関する警告」という文書を出しているほどです。
また、女性だけでなく未成年者にも悪影響が出るとされているため、女性同様に未成年者も触れたり、服用することは禁じられています。
そのためプロペシアを使用する場合には、錠剤が女性や未成年者に対して触れないように厳重に保管する必要があります。

このように、女性の薄毛症状を治療する場合にプロペシアが選択されないのは、男性ホルモンに作用することが理由です。
このため女性の薄毛症状(FAGA)の場合には内服薬としてはパントガール、外用薬としては男性と同様にミノキシジルが使用されます。
パントガールは毛髪や皮膚の組織を正常に維持する作用があるパントテン酸カルシウムのことで、服用することで健康的な髪質を保つことができるものです。
ミノキシジルは頭皮に塗り込むことで毛細血管を拡張させ毛乳頭に栄養分を多く届けるといった効果があります。

妊婦や授乳中の方にもプロペシアの影響は出る

AGA治療薬のプロペシアは女性の服用が禁止されています。
特に一番注意しなければならないのが妊婦と授乳中の女性、さらに妊活中の女性や男性です。
例えば妊婦の場合は胎児が男の子の場合に男性器の形成に悪影響を与える可能性があるためで、授乳中の女性も母乳を通して成分が赤ちゃんに行き渡れば、赤ちゃんが大人になった時に不妊になる可能性があります。
またプロペシアに触れることも禁止されているのは経皮(皮膚を通して)成分が胎児や赤ちゃんに行き渡る可能性があるためで、家族が使っている場合に錠剤が入っているパッケージのゴミの管理にも注意しなければなりません。

さらに年齢を重ねた女性が発症しやすいFAGAの対策で「旦那さんや彼氏が使っているから」という理由でプロペシアを使いたくなりますが、絶対にいけません。
そもそもFAGAは女性の体に少量ながら分泌されている男性ホルモンが関係しています。
誰でも年齢を重ねると女性ホルモンの分泌量が減少し、男性ホルモンの量が優位に立つと抜け毛を増やしてしまう男性ホルモン(DHT)を作りだしてしまうためで、パントガールのようなFAGA治療薬を病院で処方してもらいましょう。

ちなみに病院で薄毛治療を受けた時に処方されるミノキシジルには主に頭皮に塗るタイプの育毛剤に配合されている成分です。
主に血管を拡張して血流をよくする作用がありますが、薄毛に悩んでいる女性も頭皮の血流が悪くて硬くなっている人が多く、FAGA対策にはおすすめです。
また妊婦でも問題なく使えます。心配な場合は一度医師に相談しましょう。
ただし薄毛の原因は人それぞれ、FAGA以外の可能性もあるため初めて使う場合は病院で処方してくれるものを使った方が安心です。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ