男の皮膚

プロペシアというのはフィナステリドを有効成分として配合している薬で、AGAの症状の改善に効果があります。
この薬は病院を受診して処方してもらえるほか、インターネット通販などを利用して入手することも可能です。

薄毛や抜け毛が気になる人にとっては嬉しい薬ですが、プロペシアを使用するにあたっては効果・効能や副作用、服用方法などについてきちんと把握しておくということが大切です。
効果的にAGAを治療するためにも、この薬のことをよく知っておくようにしましょう。

AGAの症状について

AGAというのは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの働きによって引き起こされます。
この病気の症状は男性だけでなく女性にも現れることがあり、女性がかかった場合には女性男性型脱毛症と呼ばれることもあります。
AGAの症状は男性の場合と女性の場合で若干違いますが、どちらも加齢によって症状が出始めることが多くなっています。

男性の場合には、30代~40代にかけて症状が現れる人が多いです。
髪の毛には発毛期と脱毛期を繰り返す毛周期があるのですが、成長するにしたがって発毛期の期間がしだいに短くなっていくためです。
発毛期を短くすることにジヒドロテストステロンが関わっているので、このホルモンの量が多い人は薄毛の症状が出やすくなります。

男性のAGAには大きく分けて2つの型があり、頭頂部が薄くなるタイプの人と前頭部が薄くなるタイプの人がいます。
また、頭頂部と前頭部どちらにも症状が出るという人もいます。
どちらの場合にも、髪の毛の成長が抑えられて毛髪が十分に育たなくなっているため、抜け毛が増えたり、髪質が変化するなどの症状が出ます。
髪の毛からはハリやコシが失われて、細く柔らかい毛が増えることになります。

薄毛のタイプ

頭頂部が薄くなるタイプの人
頭のてっぺんに丸い形のハゲが現れます。ハゲの形や大きさはさまざまですが、頭頂部から後頭部にかけてハゲが広がってしまう人もいます。
前頭部が薄くなる人
額の生え際がだんだんに後退していくことになります。額一面の髪の毛が後退する場合もありますが、人によっては額の左右の部分だけが後退して、髪の毛の形がM字型のようになることもあります。

頭頂部が薄くなるタイプの人も前頭部が薄くなるタイプの人も、年齢を重ねるにしたがって症状はひどくなっていきます。
なかには若いうちから発症する人もいて、20代くらいから若ハゲの症状が出てしまうこともあります。
重症の人では、後頭部の一部の髪の毛だけを残して全ての部分が薄くなってしまう人もいます。

女性の場合には、薄くなる部分や度合いが男性とは少し異なります。
AGAにかかった女性では、主に頭頂部分の髪の毛が薄くなることになります。
男性のように明らかに頭髪が薄くなってしまうことは少ないですが、髪の毛のコシやハリなどは弱くなります。
女性の場合、髪に負担のかかりやすい分け目の部分などがとくに薄くなりやすいです。

プロペシアの効果と副作用について

プロペシアは、髪を薄くする原因となっているジヒドロテストステロンの産生を抑えることで、AGAの症状を改善してくれる薬です。
ただし女性のAGAにたいしては使用することができないので、この薬によって効果が得られるのは男性のみということになります。
また、高齢の人では有効性が示されていないため、主に若年期から中年期にかけての男性のAGAにたいして効果が得られる薬となっています。

プロペシアの有効成分はフィナステリドというものになります。
男性の身体からはもともとテストステロンという男性ホルモンが分泌されていて、体内で酵素の働きによってジヒドロテストステロンへと作り変えられます。
フィナステリドは、テストステロンからジヒドロテストステロンへと変化させる酵素である5α還元酵素II型の働きを阻害する作用を持っています。
このことによって、体内でのジヒドロテストステロンの産生量が減らされるため、このホルモンが毛髪に働きかけて薄毛の症状が進行することを防止することができます。

プロペシアを飲んでジヒドロテストステロンの産生量が減った人では、毛周期のうちの発毛期の期間が短くなることを抑えることができます。
そのため、髪の毛の成長がより促進されることになり、だんだんにハリやコシのある髪の毛が増えていくことになります。
プロペシアを飲むと、飲む前にくらべて太くて長い髪の毛の量が増加します。
また、脱毛期が短くなることによって抜け毛の量や頻度が減り、髪全体のボリュームも増えていくことになります。

プロペシアは、頭頂部が薄くなるタイプの人と前頭部が薄くなるタイプの人のどちらにも効果があります。
かなり症状が進行してしまっている人にたいしても有効です。
毛根さえ残っていれば、だんだんに髪の毛の量を増やしていくことができます。

しかし、ジヒドロテストステロンの働き以外が原因となっている薄毛にたいしての効果はありません。
プロペシアは男性型脱毛による薄毛に限定して効果が現れる薬になります。

この薬による副作用の主なものとしては、性欲の減退や性機能が低下するなどの症状をあげることができます。
場合によっては精液の量が減少したり、射精障害が起きることもあります。
また、そのほかの副作用として肝機能障害になる場合があることが報告されています。
そのため肝臓病にかかっている人など、肝機能が低下している場合に慎重に使用するようにしなくてはいけません。

プロペシアの飲み方について

プロペシアは、薄毛治療専門のクリニックなどで処方してもらえるほか、インターネット通販を利用して購入することもできます。
しかし、通販で購入する場合には医師や薬剤師による説明が受けられないため、事前に薬の飲み方をきちんと把握しておくようにしたほうが良いでしょう。
場合によっては、薬の飲み合わせなどにも注意をしなくてはいけません。

プロペシアを使用する場合には、通常1日に1回1錠を飲むようにします。
この薬には、有効成分の用量としてフィナステリドが0.2ミリグラムふくまれているものと1ミリグラムふくまれているものの2種類があります。
ふつう使用するのは0.2ミリグラムのほうです。
ただし、症状や年齢によっては服用量を増減することもできます。
1回に飲むことができるのは、フィナステリドとして1ミリグラムまでです。

プロペシアの飲み方として、これという決まった方法は決められていません。
この薬は1日のうち好きな時間帯に飲むことができます。
朝であっても就寝前であってもかまいません。
しかし、十分な効果を得るためには毎日決まった時間に飲むようにすると良いでしょう。

薬を飲むのは食前や食間、食後のいずれでもかまいません。
服用するさいにも、水やお湯、炭酸水、お茶など好きなものといっしょに飲むことができます。
コーヒーやお茶、炭酸水などで効果が弱まったり、あるいは副作用が強く出てしまうといったことはありません。
プロペシアは食事による影響を受けにくい薬となっています。

服用の注意点

ただし、持病を持っている人などは薬の飲み合わせには注意するようにしてください。
他のAGA治療薬を飲んでいる人や、肝臓に負担のかかりやすい薬を飲んでいる人では、肝機能値に異常が出ないかどうかを注意しておく必要があります。
もし、この薬による肝機能への影響が心配なようであれば、病院で定期的に肝機能の検査を受けるようにすると良いでしょう。

プロペシアは一度飲めばそれだけで効果が得られるという薬ではありません。
この薬によってAGAの症状を改善していくためには、ある程度の期間服用をつづける必要があります。
通常、プロペシアの服用によって薄毛や抜け毛の症状が改善されてくるまでには、半年から1年くらいの時間がかかります。
その間は飲み忘れなどに十分に気を付けるようにしてください。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ